アイリッシュクロッシェレース

a0094187_23294011.jpg
又更新にずいぶん間があいてしました。今日ご紹介するのはアイリッシュレースです。アイリッシュレースは正式にはアイリッシュクロッシェレースと言って、鉤針編みの一種です。
編み方は二通りあります。一つはバラやデージーなどの花びらを重ねて浮き出るように編む方法、もう一つは太目の糸を芯にして、それをくるみ込むように編む方法です。
普通モチーフは同じ物を何枚も編んでつなげますが、アイリッシュクロッシェは自由に色々な形の花や葉のモチーフを編んで、それを型紙にのせてつなげていきます。型紙は接着芯にシーチングを貼って作ります。
型紙にモチーフをバランス良く配し、しつけ糸で留めた後、あいだをネット編みでつなげ縁周りを編んだらアイロンをかけて型紙を外して出来上がりです。花びらが重なっていたり、中に芯が通っているため普通の鉤針編みより立体的に出来あがります。
芯を入れる場合は左手に芯糸を持って編むため、慣れるまで少し編みにくいです。私はこれがなかなか上手く出来なくて、アイリッシュレースはちょっと苦手でした。
a0094187_13264177.jpga0094187_13265658.jpga0094187_1327675.jpg







上は中に芯を入れて作った葉っぱとお花のモチーフです。モチーフは形も大きさも色々あります。工夫すれば自分のオリジナルを作ることも出来ます。間を細編みにピコットのネット編みでつないでいます。

a0094187_23302864.jpg左は既成のシートにモチーフを留めつけています。こちらはクロバーの商品です。私は使ったことがないので良くわかりませんが、間をネット編みでつなぐ場合は少しやりにくいんではないでしょうか。接着芯にシーチングを貼ったりする手間は省けますが。


a0094187_23305376.jpg
右は自作のドイリーです。大きさは20cm×25cm位です。40番レース糸で編みました。こちらはまづ最初にネットを編んでその上にモチーフを配して後から留めつけました。






下も自作の衿です。お教室に通っていた時の課題で作りました。やはり40番レース糸で編みました。中に芯を入れたモチーフをシーチングに留め付け、間をネット編みでつなげる方法です。びっしり隙間がないので作るのは大変でした。綺麗なんですが少し重い感じがします。アイリッシュレースはモチーフに厚みがあるため、どうしても重みが出ます。その辺は好き嫌いが分かれるかもしれません。
a0094187_233118.jpg

[PR]
by amibito | 2006-12-14 00:28 | レース編み
<< マクラメ クンストレース >>