2006年 12月 03日 ( 1 )

クンストレース

a0094187_13183199.jpg
レース編みというと鉤針で編むといったイメージがありますが、今回ご紹介するクンストレースは棒張りで編むレースです。正式にはクンストストリッケンというドイツで生まれたレースです。レース糸を棒針で編むことによって、レーシーで繊細な編地が出来上がります。
写真のように最初は4本の棒で編み始めます。テクニックとしては特別なことは何もありません。棒針の穴開き模様が出来る人だったら、誰でも出来ます。ただ、穴を開けて目数を増やしていくので、一箇所でも穴を開けるのを忘れると、模様が崩れてしまいます。特に棒の境目で目を落としやすいので要注意です。
慣れないと何処で間違えたのかわからなくて、編み直したりしがちですが、慣れると間違えた個所もすぐわかるようになります。慣れるまで、根気良く練習してください。
また、最後まで4本棒で編んでもかまいませんが、目数が増えると編みにくくなるので、途中で輪針に変えて編んだ方が編みやすいです。(最初は目数が少ないので輪では編めません)
形は円形か四角形が多いですが、半円や三角形、また楕円形の作品も出来ます。
a0094187_16253460.jpg
最上段の作品と上の作品はオリムパスエミーグランデ(20番レース糸)で編んだ自作のドイリーです。また下の作品は、40番位のシルクと綿糸の2本取りで編みました。
a0094187_16312556.jpg
a0094187_16314496.jpg

このように半円にしたい時は、円形の図の半分を編んで作ることも出来ます。三角形も同様に四角形の半分を編んでください。
[PR]
by amibito | 2006-12-03 16:45 | レース編み