カテゴリ:レース編み( 9 )

その他のレース作品

前回でレースのご紹介はすべて終了しました。今回は前回までに掲載出来なかった自作のレース作品をお見せしたいと思います。

a0094187_20232696.jpg
a0094187_2023425.jpg


上の2枚
タッチングレースのドイリー
大きさ 25cm×25cm
使用糸 40番レース糸  右は拡大図です。

a0094187_2027862.jpg
お花の部分にビーズを編み込んであるビーズタッチングの技法で作ったコースター
大きさ 直径10cm程
使用糸 40番段染めレース糸





a0094187_20323178.jpg
オーガンジーの中にタッチングレースを入れたポーチ
大きさ 13cm×18cm
使用糸 40番レース糸




a0094187_20453016.jpg
タッチングレースを編んでいる所





a0094187_2048212.jpg

a0094187_2049424.jpg
麻布にテネリフレースを縁取ったランチョンマット
大きさ 30cm×45cm
使用糸 シルクの合細タイプ
右 その拡大画像





a0094187_2057229.jpg
アイリッシュレースの衿
大きさ 内側38cm  
     外側55cm
使用糸 40番レース糸





a0094187_2122374.jpg
バテンレースとオーガンジーで作った ポシェット
大きさ 入れ口巾 17cm 
     高さ 19cm
使用素材 巾1cmのバテンレース 
       オーガンジー







a0094187_21152553.jpg

a0094187_2223667.jpg

アンティークショップで購入したアイリッシュレースの衿

以上でレースのご紹介シリーズは終了です。
また何か新作が出来上がったら掲載したいと思います。
次回からは自作のニットなどをぼちぼちと載せようかと思っていますので、またよろしくお願いします。
[PR]
by amibito | 2007-02-28 21:22 | レース編み

ニードルポイントレースとシェットランドレース

いよいよ今回でレースのご紹介も最後です。最終回はニードルポイントレースとシェットランドレースをご紹介します。
a0094187_0203954.jpgニードルポイントレースはニードルポイントと混同されがちですが、ニードルポイントは刺繍の技法でニードルポイントレースとは違います。
ニードルポイントレースとは針レースの一種でかがる技法のレースですが、その起源は中世イタリアのベネチアに遡ります。元々はボタンホールステッチを中心とし たカットワークの技法を応用して作られた物です。ボビンレースはレースの王様と言われているのに対して、ニードルポイントレースはレースの女王様と呼ばれています。上の画像はアンティークレースです。
最初の頃はあらかじめ土台となる布の縦横の糸を数本残して大部分を引き抜き、ボタンホールステッチでかがりながら作られていましたが、現在では土台の布に芯となる糸をあらかじめ図案の輪郭に沿って渡してお き、その芯糸にボタンホールステッチを施し、さらにその中を様々な技法でステッチし最後に芯糸を土台からはずして作ります。中のステッチはバテンレースのステッチをさらに細かくしたような感じのものです。
a0094187_0183767.jpg右の画像はそのようにして私が作った作品です。ボタンホールステッチを緻密にしなくてはならないので、非常に時間がかかります。
18世紀のフランスで作られていた物をアランソン、19世紀に入ってベルギーに渡りそこで作られた物がポワンドガーズと言います。ボビンレースとは違って、草花などの具体的な柄が自由に表現できたことも、ニードルポイントレースの特徴のひとつです。
このような緻密な作業によって作られたのでひとつのレースを完成させるのには膨大な時間がかかりました。実際にレースを身に付けることが出来たのは、本当に限られた一部の人々いわゆる王侯貴族だけでした。

a0094187_0254974.jpg一方シェットランドレースですが、土地のやせた気候の厳しいシェットランド島では、農業に頼る事が出来ないため、17世紀頃には編物がシェットランド島の主要産業になり、その頃シェットランドレースも編み始められたといわれています。
シェットランド島の羊は厳しい寒さに耐えるため、非常に柔らかい毛を持っているので細く紡いだ糸で編むシェットランドレースにはとても適しています。
またベール、ストールなどは王室に献上されていました。
ショールはセンターといわれる中心の部分、エッジといわれる縁飾りの部分から出来ています。はじめにエッジを細長く編みそこから拾い目をしてセンターを編んでいきます。
a0094187_0264847.jpg2本の金属の棒針で編みますがニッティングベルトをウエストに着用し棒針の先端を固定して編みます。編み方は母から子へと伝えられたので編み図は全くありませんでした。
編みあがったショールは丁寧に洗い、木枠に糸で張り、形を整え乾かします。
しかしこの方法は非常に大きな木枠が必要となるため、今日ではカーペットにピンで留める方法を使用しているデザイナーもいます。
残念ながら私はシェットランドレースは編んだことが無いのですが、最近は嶋田俊之先生がフェアアイルと共にこのレースも紹介してくださっていて、本も出ていますのでそのうち是非編んでみたいと思います。嶋田先生の本はこちらで購入できます。
上の画像はこちらのサイトこちらのサイトからお借りしました。
[PR]
by amibito | 2007-02-16 00:33 | レース編み

ブリューゲル・レースとフィレ・レース

a0094187_2122171.jpgデジカメが不調で、更新滞ってしまいました。久しぶりの投稿です。
今回はブリューゲル・レースとフィレ・レースをご紹介します。
ブリューゲル・レースはその名の示すとおり、17世紀のベルギー生まれのボビンレースに似たレースでしたが、それが18世紀にドイツに渡り鉤針で編まれるようになりました。またの名をボーゲンレースとも言い、スキーのボーゲン走法のように、編んだブレードをいろいろに曲げて編みつなぎながら模様を作っていきます。
a0094187_21245385.jpg技法自体はそれほど難しくなく、鉤針が出来れば作れますが、一般的にあまり知られていないせいか、インターネットで検索しても作品を作っている方は少ないようです。
ヴォーグから鈴木陽子先生の素敵な本が出ていますので、鉤針のお好きな方は是非挑戦してみてください。
上の画像は自作でシルクの合細位の太さの糸で作った衿です。こちらも作るのはあまり難しくはありませんでした。

さて、次にご紹介するのはフィレ・レースです。
フィレとはフランス語の網のことで、網針と目板を使って糸をネット状につなぎ、用途 に合わせて模様を入れていきます。古代の人々が魚や鳥を獲るために作った網から発展 し、レースとして作られるようになったのは、13世紀頃からです。
17世紀にはさらに技術が研究され、ヨーロッパでは高級なレースの一つとされています。編み方には円形、正方形、長方形、斜め状、筒状と様々な形に編む方法があります。
a0094187_2312043.jpg左の画像のような目板と呼ばれる棒状のものに、糸を巻いては結び巻いては結びを繰り返し、ネットを編んでいきます。模様はネットを編みながら模様編みに して変化をつける方法と、ネットの中を 刺繍で埋めていく方法があります。



a0094187_23234782.jpg左の画像ではネットの中を刺繍しています。


a0094187_2302865.jpg残念ながら、私はフィレレースはネットの編み方を習っただけで、実際の作品は作ったことがありません。掲載した画像は外国のこちらのサイトこちらのサイトからお借りしました。
右画像のサイトにはコンピューターで描かれた刺繍図などもあり参考なります。
[PR]
by amibito | 2007-02-08 23:55 | レース編み

アイリッシュクロッシェレース

a0094187_23294011.jpg
又更新にずいぶん間があいてしました。今日ご紹介するのはアイリッシュレースです。アイリッシュレースは正式にはアイリッシュクロッシェレースと言って、鉤針編みの一種です。
編み方は二通りあります。一つはバラやデージーなどの花びらを重ねて浮き出るように編む方法、もう一つは太目の糸を芯にして、それをくるみ込むように編む方法です。
普通モチーフは同じ物を何枚も編んでつなげますが、アイリッシュクロッシェは自由に色々な形の花や葉のモチーフを編んで、それを型紙にのせてつなげていきます。型紙は接着芯にシーチングを貼って作ります。
型紙にモチーフをバランス良く配し、しつけ糸で留めた後、あいだをネット編みでつなげ縁周りを編んだらアイロンをかけて型紙を外して出来上がりです。花びらが重なっていたり、中に芯が通っているため普通の鉤針編みより立体的に出来あがります。
芯を入れる場合は左手に芯糸を持って編むため、慣れるまで少し編みにくいです。私はこれがなかなか上手く出来なくて、アイリッシュレースはちょっと苦手でした。
a0094187_13264177.jpga0094187_13265658.jpga0094187_1327675.jpg







上は中に芯を入れて作った葉っぱとお花のモチーフです。モチーフは形も大きさも色々あります。工夫すれば自分のオリジナルを作ることも出来ます。間を細編みにピコットのネット編みでつないでいます。

a0094187_23302864.jpg左は既成のシートにモチーフを留めつけています。こちらはクロバーの商品です。私は使ったことがないので良くわかりませんが、間をネット編みでつなぐ場合は少しやりにくいんではないでしょうか。接着芯にシーチングを貼ったりする手間は省けますが。


a0094187_23305376.jpg
右は自作のドイリーです。大きさは20cm×25cm位です。40番レース糸で編みました。こちらはまづ最初にネットを編んでその上にモチーフを配して後から留めつけました。






下も自作の衿です。お教室に通っていた時の課題で作りました。やはり40番レース糸で編みました。中に芯を入れたモチーフをシーチングに留め付け、間をネット編みでつなげる方法です。びっしり隙間がないので作るのは大変でした。綺麗なんですが少し重い感じがします。アイリッシュレースはモチーフに厚みがあるため、どうしても重みが出ます。その辺は好き嫌いが分かれるかもしれません。
a0094187_233118.jpg

[PR]
by amibito | 2006-12-14 00:28 | レース編み

クンストレース

a0094187_13183199.jpg
レース編みというと鉤針で編むといったイメージがありますが、今回ご紹介するクンストレースは棒張りで編むレースです。正式にはクンストストリッケンというドイツで生まれたレースです。レース糸を棒針で編むことによって、レーシーで繊細な編地が出来上がります。
写真のように最初は4本の棒で編み始めます。テクニックとしては特別なことは何もありません。棒針の穴開き模様が出来る人だったら、誰でも出来ます。ただ、穴を開けて目数を増やしていくので、一箇所でも穴を開けるのを忘れると、模様が崩れてしまいます。特に棒の境目で目を落としやすいので要注意です。
慣れないと何処で間違えたのかわからなくて、編み直したりしがちですが、慣れると間違えた個所もすぐわかるようになります。慣れるまで、根気良く練習してください。
また、最後まで4本棒で編んでもかまいませんが、目数が増えると編みにくくなるので、途中で輪針に変えて編んだ方が編みやすいです。(最初は目数が少ないので輪では編めません)
形は円形か四角形が多いですが、半円や三角形、また楕円形の作品も出来ます。
a0094187_16253460.jpg
最上段の作品と上の作品はオリムパスエミーグランデ(20番レース糸)で編んだ自作のドイリーです。また下の作品は、40番位のシルクと綿糸の2本取りで編みました。
a0094187_16312556.jpg
a0094187_16314496.jpg

このように半円にしたい時は、円形の図の半分を編んで作ることも出来ます。三角形も同様に四角形の半分を編んでください。
[PR]
by amibito | 2006-12-03 16:45 | レース編み

テネリーフレース

a0094187_1340113.jpg

a0094187_17484413.jpg今回はテネリーフレースです。16世紀にテネリーフ島で作られたのが名前の由来です。その後ラテンアメリカでも作られるようになったため、ブラジリアンレース、またボリビアンレースともいわれています。
基本的には写真のようにレースピンをずらっと打ち、そこに糸を引っ掛けながら対角線状に渡し、その中をステッチしていく針レースです。
必要な道具は、レースピンと針(出来れば尖ってなくて、先が少し曲がっているもの)、針を打つボード(作る大きさにあわせて発砲スチロールに布を張ったもの)それとレース糸だけ用意すればとりあえずは作れます。今まで紹介したレースのように取り立てて特別な道具は必要ありません。
a0094187_18194691.jpga0094187_1816561.jpg











最上段と上の2つの写真はそのようにして私が作った作品です。上段の物と左は40番レース糸で作ったドイリーと衿、右はオリンパスエミーグランデ(太目のレース糸)で作った、直系15cmほどのドイリーです。
ただ最近は、わざわざピンを打たなくても良い道具も発売されています。a0094187_18253115.jpg
a0094187_1834936.gif



上はクロバーの花あみルームという道具です。ピンがついた状態の枠状の道具で、形と大きさが何種類かセットになっています。写真のように糸を渡して使います。また下の商品はハマナカの花カードと言って、こちらは糸を巻きつけて使います。a0094187_18453462.jpg
a0094187_18454760.jpg
a0094187_18464734.jpg

いずれも、レースピンを打って作るように繊細な作品は出来ませんが、毛糸やモヘア糸を使うと鉤針のモチーフとは違った風合いのモチーフが出来ます。つなげ方を工夫して作れば楽しい作品が作れます。それぞれのメーカーで本なども出ているようなので、それを見て作れば手軽に作れそうです。
[PR]
by amibito | 2006-11-20 19:02 | レース編み

ヘアピンレース

a0094187_22175460.gifさて、今日はヘアピンレースをご紹介します。左の画像のような道具を使って作ります。道具の形がヘアピン型をしているのが名前の由来です。従来は左画像のような道具を使っていましたが最近は下のようなクリップ式の物も発売されています。

a0094187_2219392.gif両側のポールからポールに糸を巻きつけ中心に細編みを一目編み、さらに一巻きして細編みを繰り返します

a0094187_22192498.gifある程度たまったら下のクリップをはずして、編地の一部を下に落とします。

a0094187_22194183.gif編み地を一部残して下のクリップを戻し、上のクリップを外して編み続けます。


ブレードを編んだらブレードとブレードの間を鉤針でつなげていきます。ブレードの束ね方や間の鉤針の編み方で様々な表情が出ます。また工夫次第で色々な形が出来ます。
a0094187_23243640.jpg




a0094187_2392362.jpg4~5年前からこの技法を使った商品がアパレルなどでも流行していますので、なんとなく聞いたことがあったり見たことがあったりする方も、多いのではないかと思います。
a0094187_233338.jpg

技法的にはいままで紹介したレースに比べ難易度はだいぶ低いので、簡単な作品だったら本を見て作れるようになると思います。基本的な鉤針の編み方がわかれば誰でも出来ます。糸もレース糸に限らず毛糸やモヘアなど色々な糸で作れます。
ドイリーやテーブルセンターといった繊細な物から、セーターやカーディガン、バッグのような実用的な物まで色々な作品が出来るのが、ヘアピンレースの楽しいところです。
[PR]
by amibito | 2006-11-12 23:35 | レース編み

バテンレース

a0094187_13495967.jpgずいぶん間が空、いてしまってごめんなさい。今回はバテンレースを紹介します。
バテンレースは、日本でも日常的によく目にするレースです。実用的に一番よく使われているのは日傘です。それ以外にもテーブルセンターやポーチ、洋服にも使われています。元々はヨーロッパで始められたものですが、日本で売られている安価なものは殆ど中国製と思って間違いないでしょう。
安価だからといって作るのが簡単というわけではなく、やはりかなり手間がかかります。
以下に簡単にその手順を説明します。a0094187_18421386.jpgバテンレースは右のような既成のブレードか、上の写真のように鉤針で編んだブレードを使って作ります。既成のブレードの色は大体白ですが、まれに色がついているものもあります。巾は1cmのものを使うことが多いですが、もう少し細いタイプもあります。材質は綿と麻の張りのある素材です。
a0094187_18435381.jpgこのブレードを左のような型紙に形を合わせてしつけ糸で留めつけ、囲まれた中をステッチで埋めていきます。安価なものはこのステッチの密度がかなり荒かったりします。最後にしつけ糸を切って、型紙を外しアイロンをかけて出来上がりです。編むのではなく、針でステッチするレースです。
a0094187_021213.jpg右と下の作品はわたしが作りました。右は20c×20c位、下は40c×27c位の大きさのドイリーとテーブルセンターです。画像ではわかりませんが、ステッチはまだまだ雑です。



a0094187_013296.jpg
今までご紹介した作品はすべて課題で作りました。大作というわけではありませんが、もったいなくて使えないのでファイルしてとってあります。
[PR]
by amibito | 2006-10-27 00:14 | レース編み

タッチングレース

映画でかっこいい俳優さんを観るのも楽しいけど、わたしにとって女優さんの衣装を観るのも楽しみの一つです。
特に西洋の時代劇ともいえる、コスチューム・ムービーを観るのは、子どもの頃から大好きでした。
今の時代では考えられないような、凝った衣装を次々に纏って出てくる女優さんたちを見ていると、それだけでもううっとりワクワク。
そして、そういう衣装につきものなのが、繊細で美しいレース。ドレスの襟元、裾、袖口、その他あらゆるところにレースが使われています。
現代では、そんなにたくさんのレースを使っているドレスを見ることは出来ません。しかも、機械が発明されるまで、それらのレースはすべて手作りされていたんですからね。まあ、それは人間の生活のあらゆる場面で言えることではありますが。
元々、私は編物の教員免許というのを20年以上前にとってから、ずーっと仕事で編物をしてきたんだけど、そんな興味もあって10年ほど前にヴォーグという手芸の専門学校の「レース科」と言うところに通って、レース編みの講師の資格をとりました。
レースというのはいわゆるお母さん達が昔っからやっている、日常よく目にするような編み物とは全然違った、いろんな編み方があるんです。
で、これから時々、それを紹介していこうかなって思っています。


タッチングの作品タッチングのシャトルまず最初はタッチングレースです。以前に比べて、最近少し目にする機会が増えているような気がします。
タッチングレースは左のようなシャトルと呼ばれる長さ4cm程の道具を使って作ります。写真のように2つのシャトルに糸を巻き、Aのシャトルに巻いた糸にBのシャトルの糸を結びつけて作ります。そのままだとAの糸が芯になリますが、実は芯はBの糸にしなくてはならず、そのためにBのシャトルをきゅっと引いて糸を入れ替えるという動作を繰り返して結んでいきます。これって上手く説明できないし、やってみても慣れるまで最初のうちは難しいんですよ、この作業。でも慣れるとだんだん面白くなって、(これは人によって向き不向きがあるようですが)最終的にちっちゃなモチーフが出来上がると、楽しくって嬉しい気持ちになります。(私はそうでした)

タッチング自作品タッチング自作品拡大図今度は私が作った作品。15cm×20cmくらいの大きさです。撮影が下手ですみません。左が一部分拡大したものです。これだけつくるのに何日もかかりました。他にも花瓶敷きみたいなものも作ったんですがバランスが悪く、周りがひらひらしてしまって失敗しました。慣れないと手加減が難しいです。そのうちショールなど作ってみたいと思っているのですが、いつのことになるやら・・。
[PR]
by amibito | 2006-10-01 02:49 | レース編み